脱毛の原理

脱毛の原理

当店ではフラッシュ脱毛を導入しています。
1.光は黒いものに反応します。

2.同じように毛も黒色なので光が反応します。

3.毛には『毛周期』があります。

成長期の毛は全体のどれくらい?

今、目に見えている毛は100%の毛ではありません。
出ている毛は全体の10%~30%です。
そこから更に5%~15%が成長期の毛です。
1回に抜ける毛は5%~15%です。
(光を当てた毛が、全て抜けるという事ではありません)

成長期の毛が光に反応して抜けていき2ヶ月ぐらい経つと眠っていた毛が成長期になり、そこにまた光を当てていきます。

このような事を2ヶ月毎に繰り返して脱毛は平均2年で完了!


《少し長くかかる可能性がある方》
・ホルモンバランスが崩れやすい方
・毛抜きで毛を抜いていて毛周期がバラバラな方

あなたが行っている自己処理はどれですか?


毛ヌキ

毛ヌキで抜く

  • 毛根部を刺激する→濃くなる。
  • 化膿・炎症が起こりやすい。
  • シミになる。
  • ニキビのような毛嚢炎になりやすい。
  • イングロンヘア(内部成長毛)現象、つまり皮膚の中で縮れて毛が成長してしまう。

カミソリ

カミソリやシェーバーで剃る

  • ひんぱんに剃ることで、その部分の血流がよくなり、毛が濃くなる。
  • ”不見傷”といって、目に見えない傷が必ずできる。
  • 肌のカサつき、皮膚のいたみがある。


脱毛クリーム

脱毛クリーム

  • 2週間ぐらいで、すぐに生えてくる。
  • 脱毛が完全にできない。
  • 匂いが強すぎる。
  • 強いアルカリ性のため皮膚がかぶれやすく、シミになりやすい。


脱色、漂白する

  • 匂いが強すぎる。
  • ビールやアンモニア等、すべてアルカリ性で、そのアルカリで色素をぬくので肌が荒らされる。
  • 血液循環がよくなり、血液が供給されるので毛が長くなる。

自己処理は、危険です!

しかも、どれも一時的な処理方法のために常に繰り返さなくてはなりません。
濃くなる、皮膚を痛める、鳥肌のようになる、炎症やイングロンヘア…繰り返し繰り返し面倒な自己処理を行うことは「百害あって一利なし」です。

自己処理のデメリット

カミソリで剃る

一番身近な方法ですが、鋭利な刃物で皮膚をひっかくので、同時に角質層も削りとってしまい、繰り返すことで黒ずみや色素沈着の原因になります。又、皮膚が薄くなるのでカサついたり、肌を守ろうとして皮膚の角質層が厚くなり、埋もれ毛の原因となります。

毛抜きや機械で抜く

毛根に刺激が与えられて次に抜かれないように、毛根頭から栄養分を充分に与えられ太くて根強い毛が生えて来ます。1本1本抜くので時間と痛みがともないますし、あまり知られていないませんが体毛を引っ張る力が鳥肌の原因になります。また抜いた毛が穴の上を皮膚が覆い、その皮膚の中を毛が縫う様に生えてくる、埋もれ毛と呼ばれる事態になることもあり、ひどい場合は外科手術が必要となる場合もあります。また、機械によって抜くと毛並みに逆らって抜く為、途中で切れてしまい周期がくるってしまいます。

脱毛WAX・テープ

温めたワックス剤を塗り、冷めて固まった毛の流れと反対方向に剥がす方法です。一方テープの方もワックスをテープ状にしたものを肌に貼って剥がすだけで簡単に脱毛ができます。短時間で広範囲を処理できる方法ですがテープを剥がすときに激痛をともなったり、ワックスを温めすぎてやけどをしたり、皮膚への負担もかなりあります。また毛根部で切れてしまった毛が、皮膚の中にもぐったまま成長したりする埋もれ毛により、毛穴がいっそう目立ったりしてしまいます。

脱毛クリーム

クリームを塗布し、ふき取ったり、洗い流したり、とても簡単そうに見えますが、そこに危険が潜んでいます。脱毛クリームの成分は硫化ストロンチウムで毛を溶かすので、毛と同じタンパク質でできた皮膚まで溶かすことになり色素沈着や肌荒れの原因になります。

ムダ毛の原理



 1 毛周期(1本の毛の変化)

体毛は、ある一定期間を過ぎると、自然に抜けていきます。そして、しばらくすると、再び新しい毛が生まれ、成長します。この新旧交代の繰り返しを”毛周期”というのですが「成長期」「退行期」「休止期」のメカニズムを理解し、全体のバランスを保ちながら脱毛をしなければ、完全脱毛は出来ません。
というのも表面に出ている毛は、全体の毛の20%~30%に過ぎません。あとの70%~80%は、出番待ち、待機中、お休み中なので、今表面に出ている毛をすべて処理してしまっても、次の毛穴からどんどん新しい毛は、生えてきて…永遠においつかないし、面倒な自己処理によって肌を傷めるという悪循環の繰り返しです。



 2 毛の構造

毛は、毛幹部と毛根部に分かれます。毛幹部は表面に出ている部分をいい、毛根部は皮膚内に埋没している部分のことをいいます。毛根のいちばん下の部分を毛球といい、毛を作る工場、毛の成長に大切な役目を持っている毛乳頭を包んでいるのです。ですから、毛乳頭を処理すること、しかも個人個人の毛量や体質に合わせて処理することが、確実でムダのない脱毛法といえます。自己処理では不可能です。



 3 ワキガ(腋臭症)

私達の体には、汗腺が2つあります。発汗をつかさどっているのがエックリン腺といって、毛穴とは全く別のものです。もう1つのアポクリン腺は、毛包と出口を共にしていて、ここから出る汗は、全く私達の役に立たないアポクリン汗腺で、この汗の中には脂肪酸やタンパク質が含まれています。それに細菌や表皮上のアカ、皮脂腺から出るアブラなどがミックスし、分解され匂いが発生するのです。ワキガは遺伝に関係すつといわれていますが、清潔にすることと、完全脱毛をすることによって抑えることができます。




 4 イングロンヘア(内部成長毛)

毛というのは、途中で切れると、縮れる性質を持っています。そしてそのまま毛根のところに縮れた状態で戻ってしまい、次に成長してくる段階には、表皮に出られないため、皮膚のなかで成長してしまいます。毛抜きで抜いたり、脱毛ワックスでの処理に多く、後の脱毛が困難になります。

脱毛が可能な理由

毛の周期

黒い色素に吸収される特性を持つ為

メラニンに吸収されて発生した熱が毛乳頭と皮脂腺開口部に届きタンパク質凝固を起こします。

毛の構造と仕組み

正常なお肌の内部

ではまず、正常なお肌の内部はどのようになっているのでしょうか?

表皮は、角質層、顆粒層、有棘層、基底層から構成されています。
細胞の分裂や増殖を担う基底層で生成された細胞は、有棘細胞、顆粒細胞、角質細胞と形を変えながら皮膚表面に押し上げられ、最終的には垢(あか)となって剥がれ落ちます。このサイクルの事をターンオーバーといいます。生成された細胞が垢となって排出されるまでの期間は、通常4週間~6週間かかります。このターンオーバーにより新たに肌を作り替える事で、キレイな肌を維持しています。

真皮は、乳頭層と網状層に分かれています。
上部にある乳頭層には、細かい腺維がまばらにあり水分が多く含まれていることから、皮膚表面にハリを与えます。
下部にある網状層では、コラーゲンとエラスチンの働きで皮膚にハリと弾力を与えます。さらにこれらの腺維の間はヒアルロン酸を多く含み、水分保持役割を果たしています。

表皮、真皮それぞれの働きが弱まる事なくターンオーバー周期が正常であることで、肌の状態が健康で美しく保たれるのです。

シミ・そばかすの原因

シミに悩む方のお声

実年齢よりも年齢が上に見られるのではないか…
ファンデーションでは隠しきれない
すっぴんが恥ずかしい

シミの原因

紫外線や生活酸素により肌内部でメラニン色素が生成されます。通常はメラニン色素を含んだ細胞はターンオーバーにより排出されるのですが、代謝が低下していたり、メラニンの生成が過剰であると、排出されずにシミや色素沈着として肌に残ってしあいます。

そばかすの原因

遺伝による先天的な原因で、シミのできる原因となるメラニン生成が、幼少期~思春期にかけてより活発になり、細かなシミが頬にできます。

このまま放置すると

シミは元々ターンオーバーで排出されますが、現在お悩みを持たれている事は、肌内部でのメラニン色素の過剰生成や、ターンオーバー周期の遅れが考えらます。それにより、さらにシミ予備軍が表面に浮き出てシミとなり量が多くなったり、薄いシミが濃くなる事が考えらます。

シワ・タルミの原因

シワ・タルミに悩む方のお声

実年齢よりも年齢が上に見られるのではないか…
シワが出るので笑う事に抵抗がある
自分でも加齢を感じる
不健康に見られる


シワ・タルミの原因

老化によりターンオーバー(新陳代謝)が乱れ、角質層が厚くなり、肌のハリを支える真皮層のコラーゲンやエラスチンの弾力が失われていくと、しわが次第に深く大きくなり、表情を作らなくてもしわが刻まれた状態になってしまいます。このような状態の肌になると、しわが目立つようになります。また、日光に含まれる紫外線は、コラーゲンやエラスチンを破壊してしまうため、しわやしみを進行させる大きな要因となります。

このまま放置すると

コラーゲン生成の改善やターンオーバーの促進をしないと、日常の表情の動きにより、さらにシワが深くなります。また、深くなったシワを周辺には小じわが増えます。たるみを放置する事で、下垂した箇所が重みとなり、さらなる下垂(たるみ)を生みます。

ニキビ・ニキビ跡の原因

ニキビ・ニキビ跡に悩む方のお声

なかなか治らない…合う化粧品がない!
ツルツルの美肌になりたい!
治ったと思ってもすぐに他から出てくる
跡が残る
刺激になると思い、ニキビができても放置するしかない。


ニキビの原因

常毛穴から排出されるのですが、皮脂の量があまりにも多く排出が間に合わなかったり、化粧をしたままで寝てしまったり、お肌のケアを怠ったりすることで、ターンオーバーが乱れ、古くなった角質が剥がれ落ちなくなり、毛穴を塞ぎます。その毛穴の中でアクネ菌が増殖し炎症を起こす事でニキビとなります。
ニキビ跡の原因


色素沈着したニキビ跡
ニキビの炎症によって分泌される活性酸素によって大量のメラニンが作られため、シミのような状態となって残ります。


赤みが残るニキビ跡

ニキビの炎症によっ傷ついた皮膚を修復されるために毛細血管が新生され赤みを作ります。


クレーター

ニキビが悪化し、進行する事で真皮層の深さまで組織が破壊さてることで、ニキビが改善されても、凸凹となり跡に残ります。


このまま放置すると

体質や習慣による影響もある為、放置する事で改善される事はありません。またニキビが悪化する事で、炎症による影響でなかなか治らないニキビ跡になり、さらに美肌へは遠ざかってしまいます。

毛穴の開き・汚れの原因

毛穴の開き・汚れに悩む方のお声

ファンデーションで隠しきれない
化粧が長持せず、化粧崩れしやすい
ツルツル感がない

毛穴の開き・汚れの原因

毛穴は、皮膚の奥の皮下組織まで達し、真皮と表皮の間あたりに皮脂腺が付随していて雑菌や皮脂でいっぱいです。毛穴が目立つ状態を「皮脂分泌過剰」と言い、過剰な皮脂が毛穴を押し開いて肥大する状態です。Tゾーンやおでこ、ほおの皮脂分泌が多く汚れが激しいと黒ずみやベタつき、テカリが目立つようになります。

このまま放置すると

皮脂腺の分泌が多いことから、ニキビや毛穴の炎症に繋がる事が考えらます。また古い角質を出す事ができず、シワの原因にも繋がります。

フォトRFってなに?


フォトRFとは

従来のフォトエステは、毛細血管に対して熱を発するIPLと呼ばれる光を照射し、コラーゲン生成やターンオーバーを促進させることで、お肌トラブルを総合的に改善します。フォトRFフェイシャルは、さらにIPL(光)に加え、RFと呼ばれる高周波エネルギーを同時に照射する事で、IPL(光)の熱を届けることができない、お肌の深部.5~2.5mm(コラーゲン生成に大きく関わる真皮層)まで熱を与える事で、さらに、効果的なトリートメントを可能とした最先端のフェイシャル技術です。

【効果】

IPL(光)

脱毛同様にメラニン色素に対し熱を与える、波長が含まれることから、皮膚内部のメラニン色素(シミ、くすみ、そばかす、毛穴の汚れ)に対して熱を与え、熱よりダメージをうけたシミ、くすみ、老廃物として排出されます。フォトの波長から、血液内のヘモグロビン(赤い色素)に反応することから、血管の周辺温度が上昇し、コ-ランゲン生成作用のある組織細胞が活性化します。さらに、コラーゲン生成が促進されるので、お肌のターンオーバーが早まります。

RF(高周波)

IPLの光では届きにくい、肌深部の真皮層の網状層まで熱を与えることにより、深部にあるシミ、くすみに対しての効果や、線維芽細胞に対してダイレクトに熱を与えることができ、より多くのコラーゲン生成により、ハリを生み出します。ターンオーバーがさらに早まります。

フォトRFの効果

しわ・たるみ改善効果

肌の新陳代謝を活性化させ、真皮層のコラーゲン・エラスチンの増加を促すことで、肌にハリが生まれ、たるみ、小ジワ、毛穴の開きに効果的です。

広範囲における、シミ、くすみ、すばかすを改善

表皮層に存在するメラニンの塊を破壊して、シミ・くすみの原因を取り除き、シミ・くすみ・そばかすを薄くします。また光エネルギー(IPL)は、広範囲で強力な光を発生させるので、顔全体のトーンアップが叶います。

赤ら顔・ニキビを改善

毛細血管の拡張を抑制して、赤ら顔を抑えます。同様の作用により、赤いニキビにも効果を発揮します(軽度の症状に限る)。

フェイシャルエステ「フォトRF」

シミ・にきび・たるみ・肌荒れ・乾燥などのお悩みを改善!

美肌を保つためには…

お肌の奥深くにある真皮が衰えてしまうと、お肌のハリを失ってしまいます。若々しいお肌を保つためには、真皮内に、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といった真皮成分が十分にあること、更にコラーゲンがしっかりとした繊維束構造をとっている事が必要です。そこで、重要なのが真皮成分を育成している「繊維芽細胞」です。繊維芽細胞が老化し、働きが鈍くなると、元気な真皮を保つことができず、お肌のハリや弾力が低下します。紫外線などのダメージを受けて老化した繊維芽細胞は、コラーゲン繊維に接着できずに働けない細胞になってしまうのです。そのため、どれだけ高級な化粧品や栄養をお肌に与えても全く意味がありません。

まずは、フォトRFで細胞を活性化させ、お肌の真皮を若返らせる事が一番です。

衰えて乾燥したお肌
元気でうるおいのあるお肌


フェイシャルエステ フォトRF

フォトRFの効果


有効的なのは!!

細胞を活性化

目尻などの細かいシワや頬のたるみには、フォトのコラーゲン増生作用により肌の表面がふっくらとハリが蘇ります。光は、年齢と友の徐々に目立ってくる開いた毛穴を引き締め、キメの整ったお肌に近づけます。


繊維芽細胞が活性化することによって、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロンサンの生成が促進されるので…

  • お肌がふっくらとしてハリが出る
  • 開いた毛穴を引き締め、きめ細かい肌へ
  • しわ、頬のたるみ、ホウレイ線が軽減される

ターンオーバーを正常化

フォトの光が、色素沈着している部分に作用し、皮膚表面に押し上げます。後は本来備わっている皮膚の代謝が無理なく自然に改善効果を発揮し、徐々に目立たなくしていきます。


コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が増えることによって、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)が正常化するので…

  • 顔色が明るくなり、透明感が出る。
  • 古い角質が剥がれると同時にそばかす・シミも剥がれ落ちだんだん軽減される。

夕色素沈着・毛細血管を改善

赤ら顔は、顔の毛細血管が広がって見える状態です。フォトの光で、肌表面に見える血管が反応して赤ら顔の解消に効果をもたらします。


色素の原因となっている酸化ヘモグロビンによく吸収される為、拡張している余分な毛細血管を収縮させるので…

  • 血行が良くなり、赤ら顔を解消にさせる
  • 肌の保水力も高まり、赤いニキビのも効果を発揮しします
  • ニキビ跡を軽減させる

フェイシャルエステ フォトRF

こんな方にオススメ



施術後は…
翌日の化粧ノリがいい顔色が明るくなるキメが整い・艶がでるハリ・弾力がでる化粧水・美容液の浸透がイイ毛穴が目立たなくなくなる

目尻・口角・頬があがって、顔全体がリフトアップ


フェイシャルエステ フォトRF

フォトRFとは?


従来のフォトエステは、毛細血管に対して熱を発するIPLと呼ばれる光を照射し、コラーゲン生成やターンオーバーを促進させることで、お肌トラブルを総合的に改善していました。フォトRFフェイシャルとは、IPL(光)に加えてRFと呼ばれる高周波エネルギーを同時に照射するする事で、IPL(光)の熱だけでは届くのが難しいお肌の深部1.5~2.5mm(コラーゲン生成に大きく関わる真皮層)まで熱を与え、さらなる効果的なトリートメントを可能とした最先端のフェイシャル技術です。

Triple Indulgenee
Day and Night Ritual

ローズの香りに包まれる上質な時間を

I.透明感UP

豊かな美肌成分が大切な美しさを守ります。なじませるたび、素肌を健やかに保ち、肌の透明感をサポートします。

・ビタミンC誘導体※2
・米ぬかエキス
・ソウハクビエキス
・ゲンチアナ根エキス
・バイオピュアブラン

II.高保湿

安全性と保湿効果の高い複数の成分で、きめ細かくうるおいに満ちた、弾むような肌へ。
・トレハロース※1
・水溶性コラーゲン※1
・ヒアルロン酸Na※1
・アーモンドエキス※1

III.トラブル防止

受けてしまったダメージをリセットし、トラブルが起きにくく成分の効果が表れやすい肌づくりを助けます。
・グリチルリチン酸2K※1
・ソウハクヒエキス※1
・ゲンチアナ根エキス※1
・エイジツエキス※1

素肌へのご褒美

大豆エキス※1を高配合

女性ホルモンによく似た働きをするイソフラボンを大量に含む大豆エキスを配合。
肌を保護してくれる効果も。

ストレスに強い肌へ

アーモンドエキス※1が皮膜を形成し、肌のバリア機能を高めすこやかで丈夫な肌へ。

癒しの時間

肌によくなじむジェルとほのかなローズの香りに癒され、上質なお手入れタイムを。
※1保湿成分※2アスコルビルグルコシド※3加水分解コメヌカエキス※4マグワ根皮エキス、ゲンチアナ根エキス

トリートメントを控えた方がいいお客様

  • 皮膚に変病のある方
    (アトピー・湿疹・炎症・傷・打身・虫刺され)
  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方
  • 生理中の方
  • エイズ・癌の方
  • ペースメーカーをつけられている方
  • 心臓病の方
  • 鎮痛剤を服用している方
  • 光感作性を高める薬(高血圧・糖尿病・抗生物質)を服用している方
  • 日焼け前後3週間の方(程度にもよる)

トリートメントをしてはいけない部位

  • 頭部
  • アイホール
  • アートメイク・刺青の周り2㎝
  • 指と指の間、爪
    (指の先端の施術の場合は爪をカバーして行ってください)
  • 手術跡などで金属が入っている部位
  • 乳輪・乳首

電話をかける